2012年09月04日

10月1日から始まるテレビのラウドネスってなんですか?

昨日辺り、ニュースや新聞で「10月1日からテレビのバラバラ音量を統一」
というニュースを読んだ方もたくさんおられるのではないでしょうか?
「ラウドネス値を統一」?いったい何のことなのさ???バンド?w
という方が多いかとおもいます。

実はこの「ラウドネス」のまっただ中にいる私でしてw
普通の皆様にも分かるように簡単にちょこっとだけ説明したいとおもいます。
(ちょw今まで基準無かったのかよ!wとか、だいぶ誤解をされている方も多い様なので…)


●今まで基準は無かったのか?
そんなことはありません、
これまではVUメーターとサンプルピークメーターが一応基準でした。
(ピークメーターの話は置いておきますが)
このVUメーターの振れ方が大きすぎれば局側に怒られるw
僕らの仕事はこの「VUメーターによって音声レベルを管理する」
これが一番大きな仕事でした。

しかしこのVUメーター人によってとらえ方が様々なのです。
ミキサーAさんは0を頻繁に超えて+1〜2位たまに+3の振れ。(今までのスタンダードがこんな感じだったかな?と)


ミキサーBさんガンガン振らせる。(これはでかすぎるけど実際こういうミキサーさんいますw)


ミキサーCさんは0を超えない振れ方(今回の基準だとこれよりちょい大きい振れ方かな)


などなど、メーターの見方が千差万別だったのです。
※括弧内はあくまでも私のVU基準です

●レベル上げ合戦
これまで番組とCMとの間で熾烈なレベル上げ合戦が繰り広げられてきました。
CMは商品を視聴者に売り込みたいので番組より音量を大きくしたい。
でも、番組もCMにも負けたくないし他のチャンネルより大きくしたい
番組がレベルを上げるとCMも上がる、そうすると私たちもギリギリを攻める…
するとCMも…いたちごっこと言うやつです。
「CMよりデカイ音にして」なんて会話が日常飛び交っていました。

しかしこれ、単純にVUの振れ方が大きくなるだけではないのです。
さらにドンドン耳障りな音になっていくのです。

●耳障りな音
音量感はVUメーターのレベルだけで決まるわけではありません。
音質も関係してきます。
たとえば同じVUメーターの振れ方でもある帯域を強調することで
人間に大きい(騒がしい)と感じさせることができるのです。
さらにリミッターでVUが大きく振れない様にする等々
番組の音もCMの音もどんどん固い音になっていく。
決して音質のいい音とは言えない音になっていました。

●やっとかよw今まで放置かよw??
やっとかよ、今まで出来なかったのかよww
と思う方が大勢いるかとおもいます。

アナログ放送の時は番組を送出する際、リミッターがかけられて
放送されていました。
しかしデジタル放送になるのを機にそのメリットを生かすため
リミッターが外されました。
アナログ時代もCMとの音量さはありましたが、
デジタル放送になってこの問題が顕著になってしまったのです。

この状況を打開する為の模索が始まったのが2000年
2006年にラウドネスメーターの要求条件が出来て、
2011年に運用ルールが勧告されました。
これは国際的な基準です。日本国内の運用基準が決まったのも去年です。
つまり基準が出来たのが最近の話、国際的な流れの中で日本が遅いわけではないと思います。

※アメリカ4大ネットワーク、ヨーロッパなどではすでに運用が始まっていて、
ドイツオーストリアなどでは今月9月から運用が始まっています。
(ちなみにこのラウドネスメーターかなり複雑な計算処理をしているらしいです)

もう一つラウドネスメーターの導入スケジュールもあるかと思います。
ラウドネスメーターを導入しなければいけないのは
テレビ局だけではありません、
録画番組ではテレビ局側でラウドネス値を調整するわけではないのです。
私が働くポストプロダクションの段階で調整します。
もちろん納品して基準を超えていた場合は、突き返されます。
調整するというか、-24LKFSを目標にミックスするのです。
(若干数値が上回ってしまった場合は全体を下げますが、一発で-24LKFSになるミックスが
出来る技が要求されるようになると思うのです。
納品はテープなので、1回ミックスしてダメだった場合は、実時間テープに録音していくのです)

つまりポスプロにとってはメータの導入が必須でMA室の数+α必要になります。
ハードウェアのメーターだと1台20万くらいから…高いものだと200万超え…
番組制作費がガンガン下がっているこの昨今、ポスプロにとっては大きい出費です。
※当たり前ですが、ラウドネスメーターの購入費用なんてテレビ局から出ません!

前置きが長くなりましがw
●で、ラウドネスってなんぞや?

すごく簡単に言いますと…
VUメーターが電気的な数値を測定していたのに対し、
ラウドネスメータは「人間が聞いた時に感じる音量感」を測定し数値化するのです。
たとえば、上に書いた人間に耳障りな周波数が強調されていると
ラウドネスメーターの数値が大きく反応するのです。
(人間の耳の感度に合わせた特性が加味されているのです)
数値が上がるとその部分は下げざるを得ないので、音量を下げることになる
しかし極端に番組全体の音量をさげるわけにもいかないので
耳障りな部分の音量を抑えてミックスすることになる。

こんな良いメータがやっと出来た!救世主だ!この特性を持ったメーターを導入してバラバラな音量感を
「平均ラウドネス値 -24LKFS」という数値を明確な基準として統一しましょう。
というのが今回の10月1日お話なのです。

ちなみにすでに運用が始まってる局もありますが、今までと比べるとだいぶ音量が下がるかと思います。
そして、NHKさんは来年の4月からこの運用が始まります。
それのまでの間、民放とNHKの間でかなりレベル差がでるかな?と思っています。

そうそう、VUメーター無くなるんでしょ?
と言ってる方を見かけますが、たぶんVUメーターは無くならないと思います。
ラウドネス基準で作るにしてもVUが無いと辛いです。

すごーく簡単に書いたんですが、なんとなく伝わったでしょうか?
なんとなく「へーこんなことしてるのね」と分かって頂ければ明日からの仕事
がんばれるかもしれませんw
(まぁ…ホントはこんなに簡単な話じゃ無いんですが…w)

※諸々若干修正しましたw
posted by h_murao at 08:42| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月02日

新型の噂も聞こえるこの微妙な時期に…

え〜この、新型の噂も聞こえるこの微妙な時期にiMacを買い換えました!w

写真.jpg

27インチCorei5/2.7Ghz
メモリは前のiMacに増設していた8GB抜いて12GB

いや、数週間いろいろ悩んだんですけどね…
MacminiとThunderboltDisplyか!!?とか…
USB3.0うわぁ〜!うわぁ〜!とか…w
8月?9月?10月?うわぁ〜!とか…w
(Thunderboltのポートリプリケータに期待w)

MacBookProは?と思われるかもしれないが、
ノートをメイン機にする考えがあんまり無いんです…
慣れの問題だとは思うんですが、ノートだと作業がやり辛くて…
おいらの場合恐ろしく効率が落ちるんです。

あと、SandybridgeとivybridgeだったらグラボつんでるiMacなら大差ないかな〜
(標準でCorei7ですとかいわれたら、うぁ…だが…無いだろうw)

でもまぁね、120567円で、AppleStoreよりも34233円安かったからいいんじゃね?と…
21.5インチの下位モデルとか、今8万ですよ旦那!w

仕事とうどん捏ね用なので、「Lionが動かないといろいろまずかった!」
時間が解決する問題ではありますが、今回最終的に決断したのはこれかなぁ…
メイン機はProToolsが安定して動く様になるまで、MountainLionに移行するつもりないんですよ…
(現状動くんですけど、何かしら問題あるとヤヴァイので…)

あと、香川のあの方の「今買って、また買う」という助言ww
(まぁ、また買うは当面無いと思うが…w)


でね、デカイんだよ画面がw(今まで21.5インチでした)
今更だけどこれもう戻れないよ、オニーサン!デジマ!w

写真-1.jpg
(21.5インチと並べて比較してみた)

見よ!この余裕のProTools!w(伝わり辛くて申し訳ないが…w)

627958723.png

プラグインとか出しておいても邪魔にならない!
通常ならミニにするトラック幅もミディアムで余裕w
ショボイSessionだと広すぎて余るくらいですw
FCPとかもぉね、あなた…楽で楽で…w

そしてなにより、PlugInの処理が速いっw
(今までCore2Duo3.06Ghz)
PlugInインサートしす過ぎによるCPUがウンタラもあんまり無くなりましたw
一昔前のTDM位の処理能力あるんじゃねぇかな。

数日中、8月中に新型出たら…うどちゅるでネタにしてもらいますww
ラベル:Mac
posted by h_murao at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月24日

先週財布を無くしまして…

先週財布を無くしまして…

え〜今回は音まったく関係ないですw
先日飲み会終わりで、全部入りの財布を落としてしまいました。
そもそも自分の不注意ではあるのだけど、財布紛失したのはじめてだったので、
凹みました。
絶対に落とさない自信があっても何が起こるかわからないもの…
いや〜絶望の淵に立たされたわ〜

▲19日

まず。
気づいたのは目黒駅。
無いのですよ…PASMOの入った財布が…
え?改札出られないじゃん!ってか東急乗れないじゃん!
いや、電車に乗れないどころの話では無い…
この時はまだ事の重大さに気づいてない…

どこ探しても無い…終わったオレ。
いつまでも探していても仕方ないので、改札口の駅員さんの所へ行き理由を話す。
「では、今回はJRは出て良いですよ、忘れ物落とし物はここに届いているかもしれないよ
今日はもう終わっちゃってるから明日の朝6時に電話してみて」
と言って、JR東日本の忘れ物問い合わせセンターの紙をくれた。
やさしい駅員さんだった。

で、JRの改札は出られたものの…財布を落としているので現金も持っていないわけで、
東急には乗れず目黒から歩いて帰る事に。

改札を出てから多少冷静になったのか?この家にたどり着くまでの間に
紛失応対窓口の電話番号を調べて
クレジットカード/キャッシュカード類の停止をはじめる。

持っていたお金に関するカードは
セゾンカード
ジャックスカード
三菱東京UFJ銀行のキャッシュカード2枚
セブン銀行キャッシュカード

(帰って来てから各社の対応を検索して調べてみたのだが、
落としたときにホントに知りたい事があまりないので
多少でも誰かの参考になればと思う。)

●まず停止させたのが、三菱東京UFJ銀行のキャッシュカード2枚
一枚には今月分の家賃等々、月末に引き落としされるお金が入っている。
ここの預金を失うと今後の生活が真っ暗になる、というか成り立たなくなるので、
何よりも先に停止させた。

☆三菱東京UFJ銀行のキャッシュカード
基本的にカードの停止再発行まで24時間電話で可能、手数料は1050円。
基本的にはというのは、カードの停止は出来るが
その後引き続きカードを再発行手続きをする場合、再発行手数料が口座から引き落とされるので
「口座に1050円以上」入っていないと再発行手続きが電話口出来ないのである。
たまたまひとつの口座が空だったので、後日店舗の方でキャッシュカードの
再発行手続きをすることに。
最後にカードを使ったのはいつか?いくら引き出したか?現在のおおよその残高等を聞かれる
カードの再発行日数は1週間。(紛失した人が一番知りたいであろう実際にかかった日数等は最後に記します)

停止するのはキャッシュカードだけで、ネットバンキングは出来るので
どこか他行のカードが手元にあれば振り込み手数料はかかるが、
ネットバンキングで他行に振り込めば当面しのげるかと思う。

●次はセブン銀行のキャッシュカード
セブン銀行には月末大阪へ行く為の旅費が入っていた
「俺が当日行けなくなるというのが最も高いステッカーもらえるハードルかとおもいますww」
が危うく現実になるところであったw

☆セブン銀行も24時間カードの停止手続きが可能。
カードの再発行は手数料は1050円。手続きは書面でのやりとりになるが、
翌日には手続き書類を速達で送ってくれる、返信用の封筒も速達の切手が貼ってある。(素晴らしい)
カードの再発行は1週間。
再発行手続き完了時に口座に残高が無い場合は
後日口座に1050円以上入金された時点で再発行となる。

セブン銀行の困った所は、通帳という物が存在しない上に
実店舗がほとんど無いので、(あっても下ろせないのか?w)
キャッシュカードが到着するまでなにも出来ない所である。
つまり引き出せないのである!!w
ここに全財産とか入っていると確実に死ねるw

で次にクレジットカードの停止

●セゾンカード
☆こちらも24時間カードの停止手続き再発行が可能。
手数料は1050円、再発行には1週間から10日。
最後にカードで買い物したのはいつか?を聞かれた

●ジャックスカード
☆こちらも当然24時間カードの停止手続き再発行が可能。
手数料は525円、再発行には2週間かかる(ちと遅い…)

幸いな事にキャッシュカード類での現金引き出し
クレジットカードの不正使用は無かった。

●つぎにしたのは現金を借りる
財布丸ごと無くした上に、たまた自宅に現金を置いてなかった為…(バカ)
キャッシュカードもなくクレジットカードも無く、いわゆる一文無しである。
電車賃すらない…うぅ…ということで、
交番まで歩く間に色々考えて…

「汐留という比較的近い所に宿泊していた」
「次の日大阪に戻るので新幹線に乗るまで多少時間をもらえるかもしれない」
ということで、迷惑を承知でゆうしんさんに電話。

次の日地元の駅まで来てもらい貸して頂いた。
(通帳と印鑑あれば下ろせるじゃん!!と気づいたのは冷静になった次の日の夜であったw)
↑いや…普段通帳で引き出さないからそこまであたま回らなかったわ…

●警察に遺失物届けを出す。
近所の交番に行って遺失物届けを出す。
中に入っていた物…
免許証…健康保険証…キャッシュカード3枚…クレジットカード2枚の…
あとPASMOと…あとなんだっけ?
と、とりあえず思い出せる物を全部記入。

警1「一週間かなぁ〜う〜ん」
村「え?何が?」
警1「う〜ん、1週間くらいで出てくるかもしれない」
(経験からかもしれないけど…え?そーなの?w)
警2「はいじゃ、コレ遺失届番号ね手続き終わりだから」
ということで、遺失届番号をもらう。

●朝6時、JR東日本忘れ物お問い合わせセンターに電話。
昨晩もらった紙に書いてあったJR東日本の問い合わせ先に電話。
しかし、無かった。
終電後の電車内の清掃等で見つかる事が多いのだが、
駅の事務処理の都合システムに登録されるまでタイムラグがあるので、
14時くらいにもう一度電話してみてほしいと言われる。

この後何回か、JR東日本へ問い合わせたのだが、人によって対応がまちまち。
熱心に調べて駅で届け出を出す方法まで教えてくれる人もいれば、
「あのぉ…ホントに調べた?」という感じの人まで様々だった。
何回か電話してわかったのだが
どこの駅で、何線でどこから乗ってどこの駅で降りて、
何を無くして、免許証が入っている、
名前は、等々こちらから細かく伝えると丁寧に調べてくれる。

●PASMO再発行手続き。
地元駅の事務室に出向き、PASMO定期券の再発行手続き。
再発行手数料+デポジットで1000円。
登録時の住所、電話番号、生年月日、どこからどこまでの定期券か?等手続き用紙に記入する。
本人確認書類が必要ということで、家の中を探したら去年の8月に発行した住民票の写しがあったので、
それを持参。「住民票か〜、え〜と…いいですよ。」と、
なんとか住民票の写しで受理してもらえた。

ちなみにPASMO定期は即日は再発行されないので、翌日以降に
手続きの時に発行してもらえる書類(レシートみたいなの)を持って
「有人の定期券」売り場行く。この時に手数料も払う

IMG_1190.JPG
(このような紙がもらえる)


●ゆうしんさんにわざわざ西小山の駅まで来て頂き、現金を借りる。
その足で、もう一枚のキャッシュカードを再発行手続するため隣の駅の三菱東京UFJ銀行へ。

しかーし!!
銀「あ、身分証明書が必要です。免許とか…あ、落としたんですよね…無いですよね…すみません」
銀「写真入りの住基カードとか…」
村「無いです…」
銀「えーと、身分証明証が無いと再発行手続き出来ないんですよ…」
村「運転免許証作ってから出直します…」

いったん家に帰り考える…
身分証明書が無いとダメって事は…
運転免許証無いとダメだな…
で、そこで住民票必要だな…
区役所住民票交付…
あ、え?ここでも本人確認書類??!!!必要?!
パスポート?ネェよ…
保険証?一緒に落としたんだからネェよ…
なんとうことでしょう。八方塞がり?ですw
ここでかなりテンパッたのは言うまでも無いw

困った末に区役所へ問い合わせの電話。
理由を話し色々聞いた結果、口座番号が違う貯金通帳が2つあればOKです。とな!
通帳2通を持ち、速攻チャリで住民センターへ行き無事に住民票の写しをもらった。

●歯医者の診察券
運転免許の再交付に行こうかと思ったのだが、
この日は歯医者の予約があった、どうするか迷ったのだが…
普段仕事と予約のタイミングがなかなか合わないので歯医者へ行ってきた。

村「あの15時から予約の…診察券無くしたんですけど…」
歯「大丈夫ですよ、新しいのつくっておきますね」
歯「どーしたの?」
村「財布落としまして…」
歯「え!大変じゃない!出てくると良いんだけどねぇ(ry」
歯医者のおばちゃんが慰めてくれたw
先生も丁寧だし良い歯医者だ。w

●帰って来て会社の事務の人に
健康保険証の再発行をお願いする。
同時に「変な本人確認の電話」があったら
疑ってください、しばらくローンとか組む予定ないので、と伝えた。
来月も歯医者行くし、再発行どれくらいか?と聞いてみたが、
小さい会社で色々兼務でやっている方なので深く聞かなかった。
実際わからないだろうし。

●実家に電話
以前オレオレ詐欺っぽい電話が、俺の名前でかかってきた時にかなり慌てていたので、
(たまたま俺その時家に居たけどw)
悪用の事も考えて「お金振り込んで欲しい」とか変な電話あっても俺じゃないから
絶対振り込むな!と父と母に念押し。

そして若干怒られたww
でも、母が…

母「私もたまにやるから人の事言えないんだけどさぁ〜(ry」
俺「ちょ!w」

余程疲れいていたのか、気づいたら寝ていた。


▲20日(紛失2日目)

●あの鮫洲へ行ってきます。
朝7時に起きて、目黒駅から大井競馬場行きのバスに30〜40分揺られ
名前だけは良く聞いたことのある、鮫洲運転免許試験場へ。
なぜバスで行ったか?というと安かったからw
都営バスで行くと片道200円
JRと京浜急行乗り継ぐと片道400円
今あんまり現金使いたくないし、そらバスだわな。

写真を撮り、順路に沿って手続き。
どこで無くしたか?どんな状況で無くしたか?遺失届はどこの警察署に出したか?
と言った書類を記入例を参考に細かく書いたりして、
ソフトバンクのオンラインでiPhone4を予約する時に使った、
免許証の写真から免許番号等々もわかったので、記入しておいた。

さていよいよ本人確認。
住民票だけではダメなのは調べていたので、住民票の写し+貯金通帳を提出
「はい大丈夫です」
よし!本人確認完了。
(ここら辺の必要な物は、地方によって違うですね)

IMG_1185.JPG


そして案外早く30分くらいで新しい運転免許証が再交付された!
これで安心したのか?凹み具合もほぼ回復。

●再び目黒駅に戻り、駅前の三菱東京UFJ銀行で1050円を支払い、
出来たての免許証で本人確認をして
もう一枚のキャッシュカードの再発行手続き。
きれいなお姉ちゃんだったw

IMG_1188.JPG
(この時の気持ちは「やっとここまできた…」であったw)


●そのまま東急目黒駅の定期券売り場でPASMO定期券を再発行。
昨日は住民票だったが、今日は一発OKであろう運転免許で本人確認。
無事に定期券が戻った!
IMG_1193.JPG
(あ、これで会社行けちゃうな…w)


●家に帰ると、セブン銀行から書類が速達で届いていたので
速攻記入捺印し、家の裏の郵便局へ持ち込んで速達で郵送。

●まだやることが!
一通り手続きも済んだので、一番面倒そうな…
プロバイダー料、携帯電話料金等々のクレジットカード引き落としについて問い合わせの電話をする。

クレジットカードを再発行すると、悪用防止の為に当然クレジットカードの番号が変わる。
すると、いままでその番号で登録していた会社は決済できなくなるわけです。
新しいカードが来るまで別のカードを登録すれば良い話なのだが、
クレジットカードは全部再発行手続き中orz…
しかも、決済が集中する月末…カードが出来るのは1週間から2週間。
あれ?これ、やばくない?w
あまり影響は無いかもしれないが、
黙っていて引き落としが出来ないより、事前に連絡が行ってる方が良いかなと思った。

一応諸々各会社に電話をした所、すでにカード会社に請求をかけてる物もあるので、
今月の分は大丈夫だと思う。新しいクレジットカードが来た時点で登録してもらえればOK
もし万が一決済できなかった場合は手紙が行くので、
その時にまた電話して欲しいとの事だった。
ソフトバンクは決済できなかった場合、振込用紙を送ってくれるということだった。

ここで全部入りの財布を落とした方が最も知りたいであろう
カードの再発行日数、その他カードの再発行手続きの方法を残しておきます。

●三菱東京UFJ@
19日午前1時に再発行手続き→21日14時簡易書留不在通知→22日簡易書留受取

●三菱東京UFJA
20日午前11時に再発行手続き→23日11時簡易書留受取

●セブン銀行
19日午前1時に再発行手続き→20日午前再発行手続き用紙用紙到着
→21日再発行手続き完了メールが到着→26日午後簡易書留受取

●セゾンカード
19日午前1時に再発行手続き→24日簡易書留受取

●ジャックスカード
19日午前1時に再発行手続き→29日簡易書留不在→7月3日受取

●タスポ
24時間紛失受付窓口あり。
1週間ほどで新しいカードを送ってくる
再発行手数料は1000円
近くのタバコの自販機で1000円チャージして支払い

●ビックJMBWAONカード
ビックカメラのポイントカードだがJMBと一緒になったことで
手続きが面倒。
ビックカメラの方でカードを停止してもらう。

JALマイレージの方へ連絡しカードの再発行を依頼

混み合っている為再発行に一ヶ月強かかる。
カードが来たらビックカメラ店頭へ行く。

●ヨドバシカメラポイントカード
店頭で再発行手続き


一週間経ちましたが、絶望の淵からは完全に這い上がりましたw
落として3日はだめですね…凹み解消できませんw
これ、数日違いで落としていたらマジ大阪行き無くなってましたっw
あぶねぇw
しかし出て来ませんねぇ〜
免許証と保険証だけでも返してくれんかなぁ…
posted by h_murao at 12:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月08日

ひねくれたTM NETWORK ORIGINAL SINGLE BACK TRACKS 1984-1999の聴き方。

※超久々更新ですが、今回はMacとかうどちゅるとかまったく関係ありません!
「趣味です!」w

TM NETWORK ORIGINAL SINGLE BACK TRACKS 1984-1999 DISC2.jpg

さて、先月発売されたTM NETWORK ORIGINAL SINGLE BACK TRACKS 1984-1999
なんだカラオケ集かよ!フッ!wと思うのが普通であろう。
しかし、コレを待っていたファンは多かったのではないだろうか?
そう!数十年歌に隠れてしまっていたフレーズなどが聴けるのだ!
(発売を知ったとき夜中に叫んでしまった事を書き加えておく。)

自分の場合を言うと、TMNETWORKの場合「聴いている部分が違う」のである、
どういうことか?というと、通常であれば「歌」の部分を聴くわけであるが、
いつも聴いてるのはシーケンスのフレーズだったり、ベースだったりと…
(歌部分も聴きますけどねw)
普通からしたら変な聴き方をしている。
シンセでコピーしたり小室先生好きな方は共感して頂けるかと思う。

最初に書いておきたいのが、これらの収録曲には所々不自然な所が多々ある
例えば、YOUR SONG ("D"MIX)の間奏のオケヒットがミュートされている
Get Wild '89が短いオリジナルのギターソロが入ってる等々
コレを「改変だ!勝手にTMの曲を改変しやがってSONY!」と言う人が多々いるが、
私は改変では無いと思う。
例えば、YOUR SONG ("D"MIX)はテレビ出演用やイベント用か何かに、
小室ソロ部分を作る為に敢えてオケヒットを抜いてミックスされたのではないか?
(実際私の仕事でも、カラオケが一般には存在しない曲のカラオケを扱ったりする)

そして、Get Wild '89は当時EPICSONYの企画CD
BEAT EXPRESS ORIGINAL KARAOKE VOX for MENに収録されていたものである。
ここからは想像であるが、
そもそも、改変するには再ミックスが必要で、当時の環境でミックスを再現するのは
不可能だ、PCM-3348の空きトラックにステムミックスでも作ってあれば
可能だと思うが…マルチから今回の為にそこまでするだろうか?
そもそもCDの帯には「現存する音源を〜」と書いてある。
これらは当時、なんらかの理由でこのようにミックスされた音源だと思うのだ。

今回のアルバムには「カラオケ」と「インスト」がごちゃ混ぜに収録されていて、
完全なインストが無いのを悲しむ声も多い、確かに気持ちはわかるが、
先ほどのテレビ用や、なんらかのプロモーション用に作られたのを想像すると
コーラスが入っているのは自然な事だろうと思う。
(ただし、コーラスを抜いたミックスが「作ってある曲も存在する」のではないか?
とも思ったりする。)


全部書くと長いので、(面倒くさいので)適当に曲をピックアップして
何曲かご紹介したいと思う。

●1974 (16光年の訪問者) [K]
なんとコーラスの美しい事だろう、そしてコーラスのリバーブまでハッキリ聞こえる
コレを再生したときに倒れそうになりましたw

●SELF CONTROL [I]
●Get Wild [K]
TMNETWORKを代表する二曲、
SELF CONTROLはラジオか何かのBGで流れていた記憶があるが、
当時この曲のボーカル抜きが聴けるなんて夢にも思っていなかったw
SELF CONTROLはインスト完成されている、素晴らしい!これで3日くらい酒が飲めそうである。
Get Wildは「ホントにこの曲スネア入ってないんだな…」と改めて驚かされた。
SELF CONTROLはオリジナルではカットアウトだが、こちらはフェードアウトする。

●KISS YOU [K]
ウツの歌入りでは微量にしか感じられなかった小室先生のいわゆる「モスキートコーラス」が
存分に堪能できる。ファンにはたまらないテイクだろう。

●COME BACK TO ASIA [K]
RESISTANCEのB面であり、アルバムhumansystemに収録されている、隠れた名曲である。
元々好きな曲ではあるが、このインスト版本当に素晴らしい。是非Fanks!には聴いて頂きたい一曲。

●JUST ONE VICTORY (Remix Version) [K]
途中のChase In Labyrinth部分がインストになってない!
とおっしゃってる方を見かけたが、これは素材としてここにミックスされている物なので、
ここもカラオケにするのは無理なんだと思います…w(インストは存在するけどね)
そもそも、CAROL SOUNDTRACK SPECIAL EDITIONの方のJUST ONE VICTORYも
ここは歌入ってます。
じゃ、LONG No Breakdownは何なんだ?となるかと思いますが、
アレって差し替える前なのでは無かろうか?
(オリジナルのChase In Labyrinthと違うし)

●STILL LOVE HER [K]
シティーハンター2のエンディングに使われたので、知ってる方も多いと思う。
なな!なんと!通常フェードアウトするこの曲、フェードアウトしないで終わるのだ!
最初聴いた時、震えが止まりませんでした!w
ちなみに、In The Forest/You're The Best/Winter Comes Around
この3曲があればインスト版CAROLが出来るのだ!!
(おそらくインストはあるのでは無いかと思う)
今回は「SINGLE BACK TRACKS」なので30周年辺りに期待したい。

●WILD HEAVEN [K]
なぜかイントロのハイハットの長さが違うのです。
上がインスト下が歌入り、インストの方が長い
スクリーンショット 2012-06-08 23.11.43.png

細かいシーケンスのフレーズが絶妙に絡まっている所まで
ハッキリ聴けてたまりません!
あ〜耳コピしたな〜w懐かしい。

●GET WILD DECADE RUN [I]
先々月だか?実家に帰ったときアナログ12インチ版から(アナログ12インチにしかインストは収録されていなかった)
取り込んで回転数が微妙に合わなくて、ProToolsでピッチとスピードを修正していたオレはなんだったのかw
当時はパッとしなかった感が否めないGET WILD DECADE RUNであるが、今聴くと恐ろしくカッコイイ。


最後に
今回の素晴らしいインストカラオケ達であるが、気になることが2つほど…
1,フェードアウトが機械的。
ミックスの時か?今回のマスタリングの時はわからないが、
フェードアウトが歌入りに比べて早かったりする機械的なのだ。
上がインスト下が歌入り、フェードアウトのカーブが機械的なのがわかるかと思う。
スクリーンショット 2012-06-08 23.13.52.png


DAWでフェードを書いた感じというか、SSLのマスターコンプのフェードボタンを押した様なというか…w
2、微妙に尺が違う。
歌入りとカラオケの頭をカッチリ合わせても、曲が進むにつれて
二つのタイミングが合わなくなるのだ(1フレームとか聴いてる人にはわからない様な単位ですが)
昔の曲だったらわかるのだが、シンクラビアで作られる様になってからの曲もずれる。
コレってボーカル抜き対策?テープの回転速度違い?マスターの都合?
↓頭を合わせる(上がインスト下が歌入り)
スクリーンショット 2012-06-08 23.14.52.png

すると若干ずれる(上がインスト下が歌入り)
スクリーンショット 2012-06-08 23.15.07.png


ま、ウダウダ書いたのですが、Fanks必携の一枚であることは間違いありません!

(密かにBlogのタイトルを変えたw)
posted by h_murao at 23:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月05日

SonicMax Proでだまされたと思って、だまされて。

書こうと思っていてだいぶ時間が経ってしまったのですが。
BBEからSonicMax ProのiPhoneアプリがでました。昨年暮れに…w
出たとき「おぉ〜!BBEがっ!」って興奮したわりには年明けるまで忘れてましたw

IMG_0888.PNG

IMG_0889.PNG

で、コレ何なのか?って、
早い話、音質を補正するアプリですね。
普段音質が良くなるアプリとかあんまし好きじゃ無いので
見向きもしないのですが、このBBEはソッコー飛びついてしまったムラヲw

そもそもBBEって何なのか?
レコーディングに興味があったり音楽作ってるひとなら
なんとなく聞いたことあるんじゃないでしょうか?
エンハンサーという、音質を補正、向上させるエフェクターです。

良いのか悪いのか?wおいら普段の仕事でもガンガン、プラグイン版D82 Sonic Maximizer使っておりまして
(ちなみにうどちゅるでも多様w)

スクリーンショット 2012-02-05 15.57.59.png


例えば…
●ナレーターがクソすぎてナレーションが全然前に出てこない…パンチが無い…
そんなときにBBE(笑)

●ロケの音がクソすぎて全然ダメ…
そんなときにBBE(笑)

●音楽の素材がクソすぎて全然イイ音じゃない…
そんなときにBBE(笑)

●なんでこんなに低域無いわけ?ヘ(゚д゚)ノ ナニコレ??ど〜すんのよ?
そんなときにBBE(笑)

といった感じで毎日使っております。
このBBE、1度使うと麻薬のように、無いといられなくなるというのが
怖いところ…(マジで)

で、このiOS版SonicMax Proはど〜なのか?
このまさにBBEな赤い見た目w
やりすぎた時のスカスカ感もそのままBBEw
音に関しては、あぁBBEかけた感じになるわって感じ(当たり前)
好みはあるとおもいますが、ちょっと古い曲で「ノペー」ってしちゃってる
曲とか「なんとなく今風」の音によみがえります。
残念なのは、インターフェイス周りがイマイチな点ですかね。
アーティスト名選択したら即再生とか。残念。

音には人それぞれ好みがあるのでなんとも言えませんが、
だまされたと思って、だまされてみてはどうでしょう!?
ちなみにお勧めの設定は、LoContourとBBEProcessは
やりすぎない感じで控えめに。(これ重要)
Sound Fieldは定位広がって気持ち悪いのでゼロ。
後はON/OFFスイッチで切り替えて「おぉ」って言って遊ぶ。
あ、だまされた!と思っても個人の責任でw

http://www.bbesound.com/

http:http://itunes.apple.com/jp/app/sonicmax-pro/id478366186?mt=8
posted by h_murao at 17:45| Comment(4) | TrackBack(0) | Sound | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月02日

おいしい?うどんちゅるちゅる!!の茹で方。その3〜整音〜

えっと、前回その2編集を書いたのが…去年の8月…
だいぶ時間が経ってしまいましたが、(もう誰も覚えてないですな…w)
今回は「その3〜整音」です。

覚えてねぇよ!wと言う方は、こちらを。
その1
その2

さて、整音(せいおん)という言葉、みなさんあまり聞いたこと無いかとおもいますが、
早い話読んだまんま「音の整理」です。
ピアノの調律などで使われる言葉ですが、今回の場合は音を整えるという意味です。
例えば、ブツブツな編集点をきれいなしたり、余計なノイズをカットしたり。
しゃべりがかぶったときに、どちらのレベルを大きくするか?等々
番組の仕上がりにもっとも影響すると言っても過言では無い作業です。
前段階の編集よりも、こちらの方が重要な「編集」だと考えます。

余談になりますが私の仕事、テレビ番組のMAでは、この「整音」がメインの作業
と、いっても過言ではありません。
テレビで編集点ブツブツの番組って見たことありますか?(たま〜にありますがw)
演者さんのしゃべりが途中でブツブツになっていたり、
大きな笑いが起きたている中でも、しゃべりはちゃんと聞こえている等、
きれいで聴きやすい音声が普通だとおもいます。
これは裏ではミキサーさんの地道な作業(この作業すごく時間かかります)
が行われているのです。

うどちゅるでは、私の職業柄wこの作業が行われています。
うどちゅるがうどちゅるである、要の作業と言っても言い過ぎじゃないかもしれません(ちとおおげさw)

1,不要なノイズをカットして行く。

40杯目オープニング音楽なしで聞き比べてください。
(ヘッドフォン等で聞き比べていただくとわかりやすいかと思います)

●Pre(作業前)



Pre.jpg

これは編集したそのままのファイルです。(イコライザー/コンプレッサー処理無し)
スクリーンショットの様に、室内の環境ノイズ、咳、余計な物音などもそのまま残った状態で
これをミックスすると、生活音の上に生活音がプラスされて、クリアな音声にはなりません。
それと、ヘッドフォンからの音漏れをマイクが拾ったモノもディレイがかかった音も聞こえるかと思います。


●Post(作業後)



post.jpg

こちらが音整理をしたファイル。(イコライザー/コンプレッサー処理済み)
見ていただければわかるかとおもいますが、メインとなるしゃべりとそれに関係するしゃべり意外の部分は
カットしてあります。
(灰色の背景の部分が無音部分です)
しかし、ただカットすれば良い、というものでもありません。
普段は音楽に隠れてあまり気付かないかとおもいますが、実はノイズは全部つながっています。
無音でノイズだけになり、間を生かしたりする部分でもノイズは必ずつながっています。
完全な無音部分はトークが終わりジングル等が入るまでありません。

なぜここまでするか?
聞いていて急に無音部分になると、話が途切れ途切れになってしまい、
話の流れをぶった切られた気分になって、
いくら面白く勢いのある話でもスピード感がなくなっちゃうと思うんですよ。


2,フェード処理。

fade.jpg

1のノイズカットと同時に進めていくのがフェードインフェードアウトの処理です。
防音されたスタジオのアナウンスブースで録音したのであれば話は別ですが、
各自家にマイクをたてて収録している都合、しゃべりの頭もフェードインしないと
編集点でノイズが急に上がって、不自然なつなぎになってしまうことがあります。
(斜め線部分がフェード処理をした部分です)
大きい声の裏であれば、フェードインしなくてもノイズはマスキングされますが、
ノイズとノイズが重なる部分や、小さなしゃべりの部分では
それぞれのノイズがクロスフェードして乗り変わる様になっています。


3,不要なしゃべりのカットと移動。


うどちゅるは話者が6名います。この6人が一斉にしゃべると…
ハッキリ言って「何言ってるかわかりません!w」
なので、(申し訳ないのですがw)同時にしゃべる人を人数を減らして、
面白い事を言ってる人を優先していてます。
万が一面白いのが重なって両方生かしたい!なんて言う場合は、
それぞれのしゃべりを少しずらして、会話が成立している様に作ってます。
(こっちのほうが面白いんじゃね?って場合もしゃべりをずらしてある程度話を作ります)


4,イコライザーとコンプレッサー


サラッと流してしまいましたが、イコライザーとコンプレッサーで聞きやすい音を作っていきます。
1のPreとPostを聞き比べていただくとわかるかとおもいますが、
Postでイコライザーとコンプレッサー処理をした方が、レベルもほぼ均等でしゃべりも前に出て聞きやすいかとおもいます。
たま〜に「イコライザーとコンプレッサーの設定教えて〜」と言われたりするのですが、
処理する素材の音質やレベルによって数値が変わってくるので、参考にならないと思います。



今回は一番時間がかかるけど、一番大事な作業をご紹介しました。
さて、次回は(え?!まだ続くの?!w)
最終作業、ミックスとマスター制作です。
ダッキング?なにそれ?おいしいの?な話かな?w
posted by h_murao at 19:45| Comment(2) | TrackBack(0) | うどんちゅるちゅる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月27日

ProTools10にアップグレードしました!

えっと、ここに書くのいつぶりだ?(気にしない)
さて、先日NYのAES Convention 2011で発表になったProTools10
さっそくアップグレードしました。

PT10.jpg


ProTools9からのアップグレードは25000円
その他からのアップグレードが44000円

前回のアップグレードから1年経たずして、また同額を払ってしまいました。
(この辺りはPT9ユーザはさらに優遇とかにならんですかねぇ…)

さらにはProToolsHDのアップグレードがこれまた高額で…
ProTools9HDからが87000円
ProTools8HDからが130000円
えぇ!!と思ったのがProTools7HDからのアップデートなんと220000円!
HDで業務用だからとは言え…まだまだ現役でPT7使ってるスタジオ沢山あるので、
そういう所が今回のアップグレードでProTools10にするとは思えず…今後に不安を感じてしまいます。

ProToolsHDXという強力なシステムも発表されましたが
今回はノーマルProTools10に絞って色々書きたいとおもいます。

新機能をチェックしよう〜!

1,ClipGain

clipgain.jpg

なんで今更?なのか疑問も残りますが、リージョンという名称からクリップに変わりました。
(まぁ他のDAWでもリージョンって言ってなかったし)
で、今回の目玉とも言うべき(フェアライトとかではかなり前から出来ていた)機能がClipGainですね。
これ何?っていうと、元のファイルのレベルを書き換えること無く非破壊でクリップのレベルを
変えられるのです。
今までAudioSuiteのGainでチマチマしていた事が、リアルタイムにレベルが書けて
即座に変更も出来る、そして一番のメリットがペンツールでレベルを書ける所でしょうか。
もちろんClipGainの結果はレンダーして、大元のクリップをそのレベルにすることも出来ます。

コンプレッサーをインサートするとクリップのレベルで動作が変わるので、オートメーションのボリュームだと
コンプレッサーを通った後の音しかコントロール出来なくて、
AudioSuiteGainでいちいちファイルのレベルを調整していたわけですが、
コレを使えばコンプレッサーに入るレベルを容易にコントロール出来ると思います。


2、AudioSuiteプラグインのウインドーがたくさん開ける様になった!
audiosuite.jpg

なにげにコレがすごく助かります。
例えば今まで、AudioSuiteEQ処理した後そのEQ設定を保存して…とかやってたわけですが、
複数開ければいらなくなるまで画面の端っこに置いておけると。


3,リアルタイムフェード
フェードがリアルタイム処理になりました!
当然Fade Filesフォルダもありません!
これでセッション開いた時の「えっと…フェードがありませんけど?」が無くなりますねw


3,32ビット浮動小数点フォーマット
32bit.jpg

やっと?ってかんじでしょうか?
32ビット浮動小数点フォーマットでRec出来ようになりました。
また試していませんがどんな解像度だろ〜(そしてHDDの容量が圧迫されていくw)
あと、同一セッション内で16Bitと24Bitの混在とかが出来る様になりましたね。
AIFFとWAVEの混在も出来る様になり、Interleavedでファイル管理もできるようになりました。
これ地味に良いとおもいます。


4,PlugIn
(自分もまだあまり理解していないのですが)
TDMとかRTASとかのくくりが無くなって一つに統合されて、AAXプラグインフォーマットになりました。
早い話DSPがあるときは勝手にDSP使ってくれるしDSPが無い場合はNativeCPU使うって感じかと思います。
64Bit処理になったのも大きいかもしれないです。

そして、新しいプラグインもいくつか追加されました。

down.jpgmoddly.jpgchSt.jpg
目玉はAvid Channel Stripでしょうか、System5のChannel Stripがまんま使えます。
使い込んでませんが良い感じです。
あと、Down Mixer。モノラルミックス作るとき仕事で活躍しそうです!が…会社のは当分アップデートしないな…w


RockoNさんのBlogにD-Verbが新しくなったと書いてありますが、
写真がどう見てもREVIBE2なので、これは間違いかと思います。
PT10のインストーラーの中身を確認しても新しいD-Verbは見つからなかったです。
(っうか、REVIBE2くらいのリバーブを標準にしてほしい…w)

5,マーケットプレイス?

market.jpg

え?なんだけどメニューバーにマーケットプレイスというのが加わりました。
早い話がプラグイン買えよ!ってことですね…
ただでさえ横に長いProToolsのメニューバー。ハッキリ言います!邪魔ですこれw

6,iTunesとSoundCloud

itunes.jpg

バウンスメニューにiTunesライブラリへ書き出しとSoundCloudへ接続が追加されました。
音楽制作してる方なんかは非常に便利で、色々な可能性のある機能ではないかと思います。


7,Digidesignが消えていく…
今回のバージョンからアプリケーション本体を格納してるフォルダが
「AVID」になりました。DigidesignがAVIDに買収されてからだいぶ時間が経ってますが、
いよいよか…と言った感じでしょうか。(Digidesignが無くなるのは少し寂しいなぁ)
でも、旧PlugInはまだしっかりいままでの「ライブラリー→ApplocationSupport→Digidesign」に入ってます。


互換性の問題。

今回のProTools10から拡張子が「.ptx」になりました。
これで変わるの3回目w
ptx.jpg


PT6が「.pts」
pts.jpg
PT7からPT9が「.ptf」
ptf.jpg

今までのファイルも問題なく開けますが、ProTools10のファイルとして保存する場合は
新たに保存し直す必要があります。(この辺りはいままでと同じです)
※もちろんコピーを保存でPT7→PT9のファイルへも書き出せます。



OSXLion 10.7.2にProTools10をインストールしましたが、
これと言った大きな問題は無い感じです。
かなり快適に動いています。
ProTools9.0.5で「うわ!なんか速くなった!」という印象はそのままです。
素晴らしい。

ちなみに、潔くハードの切り捨てが行われてユーザーを泣かせるのが上手なAVID(Digidesign)ですがw
このProTools10で、MBox2とかをサポートする最後のバージョンになるみたいです。
HDAccelも192も足きりかい!w
でも、次の64Bit化に対応する為にはハードの足きりは仕方ないのかな…
posted by h_murao at 17:43| Comment(2) | TrackBack(0) | Sound | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月01日

MDR-EX800ST(イヤフォン)を連れて電車に乗ってみました

さて、昨日ベタ褒めしたMDR-EX800STですが、今日は電車内で使ってみました。
昨日の→ http://soundkei.seesaa.net/?1288607149

800ST.jpg


何度も言いますが、
※以下は個人の感想であり、商品の効能を確約するものではありませんw

前回も書いたのですが、
密閉性があまりないのと、小さい穴が空いているというのもあり、
外の音がかなり聞こえます。
地下鉄のゴーって走行音とかアナウンスとか空調とかw
とはいえ、音量上げれば聞こえなくなりますが、同時に音漏れします。


「当たり前です、電車の中での使用は想定してないのですからw」

電車内とか周りの音ある程度聞こえた方が良いと思うんですけどね、オレは。
まったく聞こえないとか、緊急時とか危ないですから…
乗り過ごしもしないだろうしw


〜ひとつ気づいた事がっ!〜(いまでどんなヘボイイヤフォン使ってたんだって話もw)


今朝はかなり控えめの音量で通勤したのですが、
それでも分離が良いんです。もちろん低域は減衰しますが、
音量下げても安定して再生してくれるので、
小さい音でも音の輪郭がハッキリわかって低音量でもそんなに不満無し。
(この辺りは買った嬉しさも入ってるかもしれないw)

まぁ、そもそも大音量だと耳悪くしますからね。

で、今日は早く仕事が終わったので、
ヨドバシでMDR-EX600を試聴してきましたw
店内放送とかうるさかったので何とも言えないのですが、
こちらも非常に良い鳴りしてました。
800STに比べると、600の方が若干甘い音かな?という印象。
低域のうねり感は800STの方が好きです、またわかりづらくて申し訳ないのですが、
「スタジオのラージモニターでサラウンドのDVD見たときの低音w」
EX600が、再生周波数帯域4Hz〜28kHzで
EX800STが、再生周波数帯域3Hz〜28kHzなんだけど、この1Hzの差?か??

とはいえ、EX600は付属品もたくさん付いて、19800円なのでお得かも。
うん、さすがにEX1000は買えんな…w

もしも試聴出来る機会があればEX800ST試聴してみて下さい。
EX600じゃないのかよ!w

ちょっと思ったんだけど、ロケ現場の音声さんとかイイかもしれない。
外の音も聞こえるし収録してる音もつかみやすいしw

あと、ADAMに音の傾向が似てる?って思ったんだけど…
オレだけだな…w
http://www.adam-audio.com/en/
ラベル:ipod iPhone
posted by h_murao at 20:32| Comment(3) | TrackBack(0) | Sound | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月31日

MDR-EX800STがやってきた!

〜初回出荷が買えなくて悶々としていたMDR-EX800ST買いました。〜
(メイドインジャパンハンドメイドな為、出荷量が少ないらしいっす)

800st1.jpg

あれ?うどちゅるミックス編は?良いんですか?良いんです、MDR-EX800STが先です(笑)

さてMDR-EX800STとは、
知ってる人は知ってると思うのですが一応。

型番的には、今回ソニーから発売されたMDR-EX1000やEX600の中間?の
800になるわけですが、(そこに燦然と輝く「ST」の文字w)
ソニーのサイト見てもどこにもEX800STはありません。
http://www.sony.jp/headphone/lineup/inner_ear.html

スクリーンショット.jpg


そうこれは業務使用を目的としたイヤフォンなのです。
だから販売もソニーではなく、ソニーミュージックコミュニケーションズ。
(この辺ややこしいなw)

〜以下コピペ〜
レコーディングの現場で高評価を得ているモニターヘッドホンMDR-CD900STと同様に、
ソニーとソニー・ミュージックスタジオが共同で開発。精緻な手作業による厳密な音質調整により、
音響特性の個体差を少なく仕上げています。
〜コピペ終わり〜
http://www.smci.jp/MDR-EX800ST/

と、早い話、MDR-CD900STのイヤモニ版とも言えるのがMDR-EX800ST。
業務用イヤフォンです。


※これがウチの使い込んだCD900ST(いい加減赤DIGITAL剥がせばいいのにw)
イヤーパッドとか諸々の部品交換しないと…w

900st.jpg



私、ヘッドフォン買うときは大抵試聴してから買うのですが、(当然でしょ?)
このMDR-EX800STに関しては試聴無し!
コレもCD900STのイヤモニ版と考えれば25000円でも大丈夫だろ!という
CD900STへの信頼から迷わず一択で買いました。

〜あえて言う素晴らしい点〜

パッケージはおなじみ?白箱です。
いらないんです、きれいな梱包とか化粧箱とか…業務用ですから。
イイ音だけしてくれればイイのです。

box.jpg


MDR-EX1000、EX600もそうですが、特質すべき点は
ケーブルが交換できる事。
例えば断線してしまってもケーブルさえ取り寄せれば万事解決。
ケーブルを付け替えるときも、1方向しか入らないようになっているので
無理矢理押し込んで壊すとかの心配も無し。
あ、プラグ部分はステレオミニプラグなのiPodとかiPhoneにそのままさせますよん。

800st3jpg.jpg


〜選択は間違いなかった、再生して5秒でヨダレが出たw〜
※以下は個人の感想であり、商品の効能を確約するものではありませんw

800st2.jpg


到着してまずオレが一番好きなAnnie LennoxのDowntown Lightsを聴いたのですが、
5秒でヨダレがwスゲ〜よこのイヤフォンと…w(The Blue Nileじゃないんかいw)

違和感無いんですよ(笑)どういう事かというと、
イヤフォンが変わると当然なのですが、
新しい音に慣れるまでスゴイ違和感を感じるんです。
あぁ〜こういう音なのねぇ…慣れればOKかなぁ〜とか…
しかしMDR-EX800STはそれが無かった!
これはCD900STに慣れていて、EX800STの設計思想がCD900ST似ているというのもあったかもしれないけど、
す〜っと入り込めて、あれ?昨日まで使ってたんじゃね?オレ?みたいな感じ(笑)

カナル型イヤフォンで気になるケーブルの擦れ音も無いです。
(apple in ear headphones with remote and micは擦れ音酷かったな…)
ただケーブルが1.6mもあるので外で使うときはそれなりに対策が
必要になるかとおもいます。(EX1000の短いヤツをサービスセンターで取り寄せとかね)
ケーブルもう少し太くてもいいかな?と思ったりもするけどね。

音漏れに関しては、「用途が用途」なので電車内でデカイ音出すと周りのお客様のご迷惑に
なるかもしれません。
まぁそもそも電車の中での使用を想定して作られたものじゃないので、この辺はOKとする。

みなさん色々レビューで書いてますが、音に関しては900STより低域が出ます。
900STを使っていてEX800STつかうと、「うわ!低音が!」ってなるかと思うのですが、
いやな低音じゃないんですねコレ。あくまでも自然な低音だと思います。
(おいらは色づけされた「どうよ!低音!高音キラキラ〜!」みたいな音が嫌いなので丁度良い。)

でも鳴り方、音の出方は900STに近い音です、素晴らしい!
解像度も上を見ればキリがないと思いますが、この値段でここまでなら素晴らしいと思います。
定位感も整備されたスタジオのラージモニタの様にハッキリしているし、
タムのリリースとか皮の鳴りのニュアンスまで再現する、
この辺の再現力はスゴイです。

分離感がよくモニターとしての各音が聞き取りやすいので、
調整して判別するというのもやりやすいかなと思います。
EX800STならうどちゅるミックスしても、自信を持って出せる!
そんな信頼できる音を出してくれるMDR-EX800ST。
かなり長い付き合いになりそうな予感です。
(これ会社のアナブース用にいいかも?)

〜最後に〜
と、ここまでベタ褒めですが、わたくしあえてお勧めしません。(笑)
業務用なのでメーカー保証無し(初期不良対応のみ)
さらにモニター用なのでリスニングのイイ音を期待すると
ヘ(゚д゚)ノ ナニコレ??になると思うので(笑)

もっと細かい事を知りたい本気な方は
宮地楽器さんのページに詳しく書いてあるので、そちらをご覧下さいw
(って丸投げかいw)
http://miyaji-parec.jugem.jp/?eid=127
ラベル:iPhone ipod MDR-EX800ST
posted by h_murao at 21:42| Comment(2) | TrackBack(0) | Sound | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月18日

おいしい?うどんちゅるちゅる(Podacast)の茹で方。その2〜編集〜

さて、また間が空いてしまいました。
えっと…覚えてます?
おいしい?うどんちゅるちゅる(Podacast)の茹で方。
今回は、その2〜編集〜です。

○素材は60分近くあるのです。
最近「27分30秒」という数字に気づいて頂いた方がいらっしゃって
ちょっと嬉しいムラヲです。
(この数字は配信容量と音質の兼ね合い上27分40秒が限界という所から来ていて
んじゃキリが良い27分30秒にという、どうでもいいこだわりによるものですw)

そんな27分30秒のうどちゅるですが、収録した素材は60分以上あります。
話が盛り上がれば90分近くになることもしばしば…
(ちなみに、尺に納まらなくて悩んでるときに私がつぶやくのが「難産」ですw)
そんな長い素材を27分30秒に納めるのが「編集」と言うことになります。

○さて編集。と、その前にProToolsの大まかな説明
私が使っているソフトは、digidesign社のProToolsです。
ProToolsはいわゆる「業界標準DAW」ソフトです。
レコーディング、放送等々様々な現場で使われています。
このソフト、MIDIシーケンサーにオーディオ機能をのせた
Logic、Cubeseとは系譜が違い、スタートが波形編集ソフト
なので、オーディオ編集に大変優れています(主観)
変な話このソフトが使えればある程度飯が食える(かも?)


PT.jpg

え?なんでこのソフトを使っているかって?そりゃ私が仕事で使っていて
一番速く使えるソフトだからですよww

イマイチピント来ない方は「高機能なGarageBand」だとおもってくださいw
(あながち間違いじゃない)

そのなかでも安価なコンシュマー向けのProToolsLEを使っています。
(一番安いモノでおおよそ3万円からです)
詳しい説明をし出すと2,3日かかるので…編集で使うポイント
SHUFFLEモードとSLIPモードの説明をします。
(他にSpotとGRIDモードがありますが省略)

※ProToolsではタイムライン上に並んだクリップ(各々の声のファイル)
を「リージョン」と呼びます。

●SHUFFLE
SHUFFLE.jpg

このモードで編集した場合。
例えば前後のリージョンをカットすると、In点とOut点が吸着してリージョン間に隙間は
作られず、後ろのリージョンが前にドンドン詰まっていきます。
(リージョン間に無音部分がある場合、無音部分は維持されたまま詰まっていきます)
と、自分で書いていてもよく分からない説明なので、動画を見てくださいw



●SLIPモード
SLIP.jpg
このモードで編集すると、各トラックのリージョンのタイムライン上での位置は維持されます。
前後のリージョンをカットすると、In点とOut点がの間に空白が出来ます。
と、自分で書いていてもよく分からない説明なので、動画を見てください。



なんとなく伝わりましたか??w

○SkypeのAllMixの素材とパラ素材のタイミングを合わせる
うどちゅるはSkypeを使って収録していますが、
音声ファイルは各自QuickTimeやハンディーレコーダーで「自分の声だけ」を
録音してもらっています。
それらのファイルをゆうしんさんに別録りしてもらった、
全員の声がミックスされたがSkypeの通話ファイルを目安に
波形を見ながらProTools上で同期させます。

○ここでおおよその尺を出す。

SHUFFLEモードを使ってドンドンカットして行き、目安でおおよその尺を出します。
なんだかわからないかもしれませんが、動画を見てください。
18杯目のオープニング編集の様子です。
なんとなく?伝わるんじゃないかとおもいますw



さらに本編編集の様子



編集時に大切にしているのは「間」です。
私は東京生まれ、東京育ち(西多摩地区だけどw)なので、
関西独特のノリや間を壊さない様に、(壊してるかもしれないけどw)
極力気を付けながら、ガシガシカットして行きますw


○言い間違いは直すけど無理しない。
言いよどんだり、間違えて言ってしまった言葉を修正していきます。
でも、無理はしません。不自然なつなぎになりそうな場合は、
そのまま出すorその部分をカットします。
例えば、ゆうしんさんには申し訳ないのですがある一例w



○編集上カットされる部分。
Podcastだから何を出しても良いとは思っていません、自由なのは確かです。
しかし、その自由の中にも決まり事は無ければならないと思ってます。

当たり前の事ですが、
「人が不快になる様な誹謗中傷などの言動」「デマや不正確な情報」はカットします。
(もちろん今まで収録上、誹謗中傷などはありませんが)
放送禁止用語であるとか、そう言う次元ではなく、
「些細な事でも、もしかしたら気にする人いるかな?」
という部分は私判断でカットしています。
聴いている人が嫌な気持ちにならない、これが最優先です。
(情報に関しては、たまに私の勉強不足で不正確な情報出しちゃったりしますがw)

さて、長々とくどく編集について書いてきましたが、まだまだ終わりませんw
次回は「整音」です。
整音?聞き慣れない言葉ですよね。早い話、編集した音から咳きや不要なノイズ
かぶっているしゃべり等々をカットして整理していく作業です。
(私の本職です)
ある意味うどちゅるの要の作業と言えるかもしれません。

と言うことで次回に続きます。
気長におまちくださいww
posted by h_murao at 01:37| Comment(1) | TrackBack(0) | うどんちゅるちゅる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。