2011年11月02日

おいしい?うどんちゅるちゅる!!の茹で方。その3〜整音〜

えっと、前回その2編集を書いたのが…去年の8月…
だいぶ時間が経ってしまいましたが、(もう誰も覚えてないですな…w)
今回は「その3〜整音」です。

覚えてねぇよ!wと言う方は、こちらを。
その1
その2

さて、整音(せいおん)という言葉、みなさんあまり聞いたこと無いかとおもいますが、
早い話読んだまんま「音の整理」です。
ピアノの調律などで使われる言葉ですが、今回の場合は音を整えるという意味です。
例えば、ブツブツな編集点をきれいなしたり、余計なノイズをカットしたり。
しゃべりがかぶったときに、どちらのレベルを大きくするか?等々
番組の仕上がりにもっとも影響すると言っても過言では無い作業です。
前段階の編集よりも、こちらの方が重要な「編集」だと考えます。

余談になりますが私の仕事、テレビ番組のMAでは、この「整音」がメインの作業
と、いっても過言ではありません。
テレビで編集点ブツブツの番組って見たことありますか?(たま〜にありますがw)
演者さんのしゃべりが途中でブツブツになっていたり、
大きな笑いが起きたている中でも、しゃべりはちゃんと聞こえている等、
きれいで聴きやすい音声が普通だとおもいます。
これは裏ではミキサーさんの地道な作業(この作業すごく時間かかります)
が行われているのです。

うどちゅるでは、私の職業柄wこの作業が行われています。
うどちゅるがうどちゅるである、要の作業と言っても言い過ぎじゃないかもしれません(ちとおおげさw)

1,不要なノイズをカットして行く。

40杯目オープニング音楽なしで聞き比べてください。
(ヘッドフォン等で聞き比べていただくとわかりやすいかと思います)

●Pre(作業前)



Pre.jpg

これは編集したそのままのファイルです。(イコライザー/コンプレッサー処理無し)
スクリーンショットの様に、室内の環境ノイズ、咳、余計な物音などもそのまま残った状態で
これをミックスすると、生活音の上に生活音がプラスされて、クリアな音声にはなりません。
それと、ヘッドフォンからの音漏れをマイクが拾ったモノもディレイがかかった音も聞こえるかと思います。


●Post(作業後)



post.jpg

こちらが音整理をしたファイル。(イコライザー/コンプレッサー処理済み)
見ていただければわかるかとおもいますが、メインとなるしゃべりとそれに関係するしゃべり意外の部分は
カットしてあります。
(灰色の背景の部分が無音部分です)
しかし、ただカットすれば良い、というものでもありません。
普段は音楽に隠れてあまり気付かないかとおもいますが、実はノイズは全部つながっています。
無音でノイズだけになり、間を生かしたりする部分でもノイズは必ずつながっています。
完全な無音部分はトークが終わりジングル等が入るまでありません。

なぜここまでするか?
聞いていて急に無音部分になると、話が途切れ途切れになってしまい、
話の流れをぶった切られた気分になって、
いくら面白く勢いのある話でもスピード感がなくなっちゃうと思うんですよ。


2,フェード処理。

fade.jpg

1のノイズカットと同時に進めていくのがフェードインフェードアウトの処理です。
防音されたスタジオのアナウンスブースで録音したのであれば話は別ですが、
各自家にマイクをたてて収録している都合、しゃべりの頭もフェードインしないと
編集点でノイズが急に上がって、不自然なつなぎになってしまうことがあります。
(斜め線部分がフェード処理をした部分です)
大きい声の裏であれば、フェードインしなくてもノイズはマスキングされますが、
ノイズとノイズが重なる部分や、小さなしゃべりの部分では
それぞれのノイズがクロスフェードして乗り変わる様になっています。


3,不要なしゃべりのカットと移動。


うどちゅるは話者が6名います。この6人が一斉にしゃべると…
ハッキリ言って「何言ってるかわかりません!w」
なので、(申し訳ないのですがw)同時にしゃべる人を人数を減らして、
面白い事を言ってる人を優先していてます。
万が一面白いのが重なって両方生かしたい!なんて言う場合は、
それぞれのしゃべりを少しずらして、会話が成立している様に作ってます。
(こっちのほうが面白いんじゃね?って場合もしゃべりをずらしてある程度話を作ります)


4,イコライザーとコンプレッサー


サラッと流してしまいましたが、イコライザーとコンプレッサーで聞きやすい音を作っていきます。
1のPreとPostを聞き比べていただくとわかるかとおもいますが、
Postでイコライザーとコンプレッサー処理をした方が、レベルもほぼ均等でしゃべりも前に出て聞きやすいかとおもいます。
たま〜に「イコライザーとコンプレッサーの設定教えて〜」と言われたりするのですが、
処理する素材の音質やレベルによって数値が変わってくるので、参考にならないと思います。



今回は一番時間がかかるけど、一番大事な作業をご紹介しました。
さて、次回は(え?!まだ続くの?!w)
最終作業、ミックスとマスター制作です。
ダッキング?なにそれ?おいしいの?な話かな?w
posted by h_murao at 19:45| Comment(2) | TrackBack(0) | うどんちゅるちゅる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。