2010年04月16日

ProToolsプラグイン、D-Verbの音痴を直す方法

えっと、恐ろしく久しぶりになってしまいました…(忘れたって話も)
そしてさらに、今回はすごく需要の低いと思われる内容です。w

ProToolsVersion8を使っている方で、D-Verbを使っていらっしゃる方は
リバーブ成分のピッチが落ちていくという、
「D-Verbのリリース音痴」(今命名)に悩まされてはいないでしょうか?
リリースタイムが長くなると、コレが顕著にわかって気持ち悪い…

現場でも「バグかなぁ、困るよねぇ…」なんて感じで諦めモードだったのですが、
解決方法を見つけました。
見つけたというよりも、英語だから見るのもイヤだったデジの
ディスカッションボードに書いてあったのですがw

旧バージョンVer7.4のPlug-InフォルダにあるD-Verbと入れ替えて下さい。
LEのD-VerbはVer8で質が上がっているので、多少荒い感じのリバーブになりますが、
音痴は解決します!

Ver7.3のでも行ける感じかも…(未確認)

インストーラーからD-Verbを取り出す方法は↓

スクリーンショット(2010-04-16 22.48.30).png
これで、狙ってないのにピッチが落ちていって笑い取ろうとしてる?
なんて思われなくなりますw
Ver8でLEでもコーラス効果がつくようになって質が上がったんだけど…
これ仕様なのかなぁ…

(以上はMac版の話であって、WIn版はわかりませんすんません)
posted by h_murao at 23:20| Comment(3) | Sound Edit | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして!Pro tools D-Verb で検索してここにたどり着きました。
私も末端業界の人です。
つい最近、ver7.3のまま使い続けてきた音効さん用のToolsを
Macごと買い換えてver10になりました。
D-Verbの音痴がめっちゃ気になりまして、音効さんに聞いてみると、
『えっ?そう??』・・・気にならないんかい!
というわけで、ここにたどり着いたわけですが、
このやり方が成功した場合、D-Verbの外観(インターフェース?)も
変わりますか?
というのも、ウチの環境で同じことをしたつもりなのですが
相変わらず音痴が治らない・・のです。
D-Verbの外観もそのままだったので、変わってないのかも?と思いまして。
ご教授いただければ幸いです。
Posted by saito at 2013年04月11日 17:46
saitoさん>コメントありがとうございます。
Ver8で上の方法で入れ替えた時は見た目は変わりません
しかしこの記事が3年前のVer8の時のことなので、最初のVer10では出来ないかと思います。
AAX対応DVerbだと見た目も変わったのでなおさら不可能かなーと思います。
(未確認ですが)

仕様みたいなので半分諦めて違うリバーブ使ってたりしますがw
音痴どうにかならないですかねぇ…
Posted by at 2013年04月11日 20:59
お返事が遅くなりましてすみません!
判明しましたぁ♪

Digidesign−Plug insフォルダのD-Verb.dpmを旧バージョンと入れ替える
だけでなく、
Avid−Audio−Plug ins の中からDVerb.aaxpluginを
一旦削除、または念のためどこか別の場所へ一時的に移動
私はPlug ins (Unused)というフォルダが予めあったのでそこへ放り込み、
再起動してみたら、旧バージョンのD-Verbの外観がっ!
そして、音痴だった部分を視聴してみると・・・素直なリバーヴにっ!

ただ、HDXカードで処理することが出来ず、ネイティブ環境でしか使えないし、
まだ色々使ってみて不具合があるかもしれません。
再インストール前提でお試ししてる状態です。
とりあえず、何か分かればまたコメントしますね♪
ありがとうございました!
Posted by saito at 2013年04月17日 09:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。