2010年08月18日

おいしい?うどんちゅるちゅる(Podacast)の茹で方。その2〜編集〜

さて、また間が空いてしまいました。
えっと…覚えてます?
おいしい?うどんちゅるちゅる(Podacast)の茹で方。
今回は、その2〜編集〜です。

○素材は60分近くあるのです。
最近「27分30秒」という数字に気づいて頂いた方がいらっしゃって
ちょっと嬉しいムラヲです。
(この数字は配信容量と音質の兼ね合い上27分40秒が限界という所から来ていて
んじゃキリが良い27分30秒にという、どうでもいいこだわりによるものですw)

そんな27分30秒のうどちゅるですが、収録した素材は60分以上あります。
話が盛り上がれば90分近くになることもしばしば…
(ちなみに、尺に納まらなくて悩んでるときに私がつぶやくのが「難産」ですw)
そんな長い素材を27分30秒に納めるのが「編集」と言うことになります。

○さて編集。と、その前にProToolsの大まかな説明
私が使っているソフトは、digidesign社のProToolsです。
ProToolsはいわゆる「業界標準DAW」ソフトです。
レコーディング、放送等々様々な現場で使われています。
このソフト、MIDIシーケンサーにオーディオ機能をのせた
Logic、Cubeseとは系譜が違い、スタートが波形編集ソフト
なので、オーディオ編集に大変優れています(主観)
変な話このソフトが使えればある程度飯が食える(かも?)


PT.jpg

え?なんでこのソフトを使っているかって?そりゃ私が仕事で使っていて
一番速く使えるソフトだからですよww

イマイチピント来ない方は「高機能なGarageBand」だとおもってくださいw
(あながち間違いじゃない)

そのなかでも安価なコンシュマー向けのProToolsLEを使っています。
(一番安いモノでおおよそ3万円からです)
詳しい説明をし出すと2,3日かかるので…編集で使うポイント
SHUFFLEモードとSLIPモードの説明をします。
(他にSpotとGRIDモードがありますが省略)

※ProToolsではタイムライン上に並んだクリップ(各々の声のファイル)
を「リージョン」と呼びます。

●SHUFFLE
SHUFFLE.jpg

このモードで編集した場合。
例えば前後のリージョンをカットすると、In点とOut点が吸着してリージョン間に隙間は
作られず、後ろのリージョンが前にドンドン詰まっていきます。
(リージョン間に無音部分がある場合、無音部分は維持されたまま詰まっていきます)
と、自分で書いていてもよく分からない説明なので、動画を見てくださいw



●SLIPモード
SLIP.jpg
このモードで編集すると、各トラックのリージョンのタイムライン上での位置は維持されます。
前後のリージョンをカットすると、In点とOut点がの間に空白が出来ます。
と、自分で書いていてもよく分からない説明なので、動画を見てください。



なんとなく伝わりましたか??w

○SkypeのAllMixの素材とパラ素材のタイミングを合わせる
うどちゅるはSkypeを使って収録していますが、
音声ファイルは各自QuickTimeやハンディーレコーダーで「自分の声だけ」を
録音してもらっています。
それらのファイルをゆうしんさんに別録りしてもらった、
全員の声がミックスされたがSkypeの通話ファイルを目安に
波形を見ながらProTools上で同期させます。

○ここでおおよその尺を出す。

SHUFFLEモードを使ってドンドンカットして行き、目安でおおよその尺を出します。
なんだかわからないかもしれませんが、動画を見てください。
18杯目のオープニング編集の様子です。
なんとなく?伝わるんじゃないかとおもいますw



さらに本編編集の様子



編集時に大切にしているのは「間」です。
私は東京生まれ、東京育ち(西多摩地区だけどw)なので、
関西独特のノリや間を壊さない様に、(壊してるかもしれないけどw)
極力気を付けながら、ガシガシカットして行きますw


○言い間違いは直すけど無理しない。
言いよどんだり、間違えて言ってしまった言葉を修正していきます。
でも、無理はしません。不自然なつなぎになりそうな場合は、
そのまま出すorその部分をカットします。
例えば、ゆうしんさんには申し訳ないのですがある一例w



○編集上カットされる部分。
Podcastだから何を出しても良いとは思っていません、自由なのは確かです。
しかし、その自由の中にも決まり事は無ければならないと思ってます。

当たり前の事ですが、
「人が不快になる様な誹謗中傷などの言動」「デマや不正確な情報」はカットします。
(もちろん今まで収録上、誹謗中傷などはありませんが)
放送禁止用語であるとか、そう言う次元ではなく、
「些細な事でも、もしかしたら気にする人いるかな?」
という部分は私判断でカットしています。
聴いている人が嫌な気持ちにならない、これが最優先です。
(情報に関しては、たまに私の勉強不足で不正確な情報出しちゃったりしますがw)

さて、長々とくどく編集について書いてきましたが、まだまだ終わりませんw
次回は「整音」です。
整音?聞き慣れない言葉ですよね。早い話、編集した音から咳きや不要なノイズ
かぶっているしゃべり等々をカットして整理していく作業です。
(私の本職です)
ある意味うどちゅるの要の作業と言えるかもしれません。

と言うことで次回に続きます。
気長におまちくださいww
posted by h_murao at 01:37| Comment(1) | TrackBack(0) | うどんちゅるちゅる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
27分30分の中に膨大な時間が圧縮されてるんですね(ムラヲさんの生活時間も含めてw)
フジやんもこんな感じにやってるんかなぁ‥
プロの仕事ってすごいなぁ&面白いなぁ。

※そういえば、フジやんも、ムラヲさんも声の仕事の人顔負けの美声なとこも共通点か?ww
Posted by ちいぱそ at 2011年03月10日 15:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。