2012年06月08日

ひねくれたTM NETWORK ORIGINAL SINGLE BACK TRACKS 1984-1999の聴き方。

※超久々更新ですが、今回はMacとかうどちゅるとかまったく関係ありません!
「趣味です!」w

TM NETWORK ORIGINAL SINGLE BACK TRACKS 1984-1999 DISC2.jpg

さて、先月発売されたTM NETWORK ORIGINAL SINGLE BACK TRACKS 1984-1999
なんだカラオケ集かよ!フッ!wと思うのが普通であろう。
しかし、コレを待っていたファンは多かったのではないだろうか?
そう!数十年歌に隠れてしまっていたフレーズなどが聴けるのだ!
(発売を知ったとき夜中に叫んでしまった事を書き加えておく。)

自分の場合を言うと、TMNETWORKの場合「聴いている部分が違う」のである、
どういうことか?というと、通常であれば「歌」の部分を聴くわけであるが、
いつも聴いてるのはシーケンスのフレーズだったり、ベースだったりと…
(歌部分も聴きますけどねw)
普通からしたら変な聴き方をしている。
シンセでコピーしたり小室先生好きな方は共感して頂けるかと思う。

最初に書いておきたいのが、これらの収録曲には所々不自然な所が多々ある
例えば、YOUR SONG ("D"MIX)の間奏のオケヒットがミュートされている
Get Wild '89が短いオリジナルのギターソロが入ってる等々
コレを「改変だ!勝手にTMの曲を改変しやがってSONY!」と言う人が多々いるが、
私は改変では無いと思う。
例えば、YOUR SONG ("D"MIX)はテレビ出演用やイベント用か何かに、
小室ソロ部分を作る為に敢えてオケヒットを抜いてミックスされたのではないか?
(実際私の仕事でも、カラオケが一般には存在しない曲のカラオケを扱ったりする)

そして、Get Wild '89は当時EPICSONYの企画CD
BEAT EXPRESS ORIGINAL KARAOKE VOX for MENに収録されていたものである。
ここからは想像であるが、
そもそも、改変するには再ミックスが必要で、当時の環境でミックスを再現するのは
不可能だ、PCM-3348の空きトラックにステムミックスでも作ってあれば
可能だと思うが…マルチから今回の為にそこまでするだろうか?
そもそもCDの帯には「現存する音源を〜」と書いてある。
これらは当時、なんらかの理由でこのようにミックスされた音源だと思うのだ。

今回のアルバムには「カラオケ」と「インスト」がごちゃ混ぜに収録されていて、
完全なインストが無いのを悲しむ声も多い、確かに気持ちはわかるが、
先ほどのテレビ用や、なんらかのプロモーション用に作られたのを想像すると
コーラスが入っているのは自然な事だろうと思う。
(ただし、コーラスを抜いたミックスが「作ってある曲も存在する」のではないか?
とも思ったりする。)


全部書くと長いので、(面倒くさいので)適当に曲をピックアップして
何曲かご紹介したいと思う。

●1974 (16光年の訪問者) [K]
なんとコーラスの美しい事だろう、そしてコーラスのリバーブまでハッキリ聞こえる
コレを再生したときに倒れそうになりましたw

●SELF CONTROL [I]
●Get Wild [K]
TMNETWORKを代表する二曲、
SELF CONTROLはラジオか何かのBGで流れていた記憶があるが、
当時この曲のボーカル抜きが聴けるなんて夢にも思っていなかったw
SELF CONTROLはインスト完成されている、素晴らしい!これで3日くらい酒が飲めそうである。
Get Wildは「ホントにこの曲スネア入ってないんだな…」と改めて驚かされた。
SELF CONTROLはオリジナルではカットアウトだが、こちらはフェードアウトする。

●KISS YOU [K]
ウツの歌入りでは微量にしか感じられなかった小室先生のいわゆる「モスキートコーラス」が
存分に堪能できる。ファンにはたまらないテイクだろう。

●COME BACK TO ASIA [K]
RESISTANCEのB面であり、アルバムhumansystemに収録されている、隠れた名曲である。
元々好きな曲ではあるが、このインスト版本当に素晴らしい。是非Fanks!には聴いて頂きたい一曲。

●JUST ONE VICTORY (Remix Version) [K]
途中のChase In Labyrinth部分がインストになってない!
とおっしゃってる方を見かけたが、これは素材としてここにミックスされている物なので、
ここもカラオケにするのは無理なんだと思います…w(インストは存在するけどね)
そもそも、CAROL SOUNDTRACK SPECIAL EDITIONの方のJUST ONE VICTORYも
ここは歌入ってます。
じゃ、LONG No Breakdownは何なんだ?となるかと思いますが、
アレって差し替える前なのでは無かろうか?
(オリジナルのChase In Labyrinthと違うし)

●STILL LOVE HER [K]
シティーハンター2のエンディングに使われたので、知ってる方も多いと思う。
なな!なんと!通常フェードアウトするこの曲、フェードアウトしないで終わるのだ!
最初聴いた時、震えが止まりませんでした!w
ちなみに、In The Forest/You're The Best/Winter Comes Around
この3曲があればインスト版CAROLが出来るのだ!!
(おそらくインストはあるのでは無いかと思う)
今回は「SINGLE BACK TRACKS」なので30周年辺りに期待したい。

●WILD HEAVEN [K]
なぜかイントロのハイハットの長さが違うのです。
上がインスト下が歌入り、インストの方が長い
スクリーンショット 2012-06-08 23.11.43.png

細かいシーケンスのフレーズが絶妙に絡まっている所まで
ハッキリ聴けてたまりません!
あ〜耳コピしたな〜w懐かしい。

●GET WILD DECADE RUN [I]
先々月だか?実家に帰ったときアナログ12インチ版から(アナログ12インチにしかインストは収録されていなかった)
取り込んで回転数が微妙に合わなくて、ProToolsでピッチとスピードを修正していたオレはなんだったのかw
当時はパッとしなかった感が否めないGET WILD DECADE RUNであるが、今聴くと恐ろしくカッコイイ。


最後に
今回の素晴らしいインストカラオケ達であるが、気になることが2つほど…
1,フェードアウトが機械的。
ミックスの時か?今回のマスタリングの時はわからないが、
フェードアウトが歌入りに比べて早かったりする機械的なのだ。
上がインスト下が歌入り、フェードアウトのカーブが機械的なのがわかるかと思う。
スクリーンショット 2012-06-08 23.13.52.png


DAWでフェードを書いた感じというか、SSLのマスターコンプのフェードボタンを押した様なというか…w
2、微妙に尺が違う。
歌入りとカラオケの頭をカッチリ合わせても、曲が進むにつれて
二つのタイミングが合わなくなるのだ(1フレームとか聴いてる人にはわからない様な単位ですが)
昔の曲だったらわかるのだが、シンクラビアで作られる様になってからの曲もずれる。
コレってボーカル抜き対策?テープの回転速度違い?マスターの都合?
↓頭を合わせる(上がインスト下が歌入り)
スクリーンショット 2012-06-08 23.14.52.png

すると若干ずれる(上がインスト下が歌入り)
スクリーンショット 2012-06-08 23.15.07.png


ま、ウダウダ書いたのですが、Fanks必携の一枚であることは間違いありません!

(密かにBlogのタイトルを変えたw)
posted by h_murao at 23:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわー。 カラオケやら、インストやらの謎のアルバムが発売されたと聞いて
色々調べていたら、こんな素敵ブログにたどり着いちゃいましたW
内容面もプロの立場からの解説やウィットに富んだ文章以外もそうですが
本当に、すんなりと読める、続きが読みたくなるテキストに脱帽でした。

購入して、良いお酒が飲みたいもです(笑)
Posted by 水の森 at 2012年07月01日 00:01
水の森さん>コメント見落としていて遅くなりましたすみません。
かなりひねくれた見方をして書いたのですがw概ねそういうことだろう。(と思い込んでますw)
それよりなにより、あの曲が!この曲が!インストで!ホント素晴らしいですよね。

購入して良いお酒は飲めましたでしょうか?w
Posted by ムラヲ at 2012年07月31日 00:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/274100071
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。